夏より前に手を打ちたい|ダニ退治して清潔な環境にしよう|健康被害にあう前に

ダニ退治して清潔な環境にしよう|健康被害にあう前に

夏より前に手を打ちたい

ハチ

秋から冬はじめは注意です

スズメバチは果樹の葉や農作物につく虫の幼虫を餌にして子育てしますので、農家の方から見れば益虫でもありますが、スズメバチは攻撃性も高く刺された際の毒性も強いので注意が必要です。目につかない場所に巣を作るので気が付いた時には大きく育っていることもあり、スズメバチ駆除は危険を伴います。5月頃、冬眠から覚めた女王蜂が巣作りを始め、夏ごろには働き蜂が増え勢力を増します。アシナガバチやミツバチが何もしない人を襲ってくることはありませんが、スズメバチは監視役の蜂が危険を察知した際に仲間に危険を知らせる羽音を出して合図を送り、集まってきた大量のスズメバチに襲われることがあります。巣を見つけた場合には大きな声を出したり、騒いだりすることなくその場を逃げましょう。特に秋から冬にかけて冬支度をしている際の巣は緊張感があるので危険です。

駆除に最適な時期はいつか

スズメバチは何もしなくても攻撃することもあります。巣の周りで騒いだり大きく動いたりしただけで追い掛け回されたり、仲間を呼んできて攻撃したりします。スズメバチ駆除に最適な時期は春先です。スズメバチと人間の適切な距離が保たれていれば、脅威を抱く必要はありませんがスズメバチは住宅の周りで目につかない場所に巣を作りやすく、気づいたときには巨大化していることが多いです。そうなるとスズメバチ駆除は素人には危険ですので、専門家に頼みましょう。できれば、毎春に家の周りを点検し、女王蜂が巣作りを始めてないか確認します。女王蜂が単独の時、まだ働き蜂が羽化する前であれば攻撃してきませんので、市販の殺虫剤を用意してスズメバチ駆除に当たります。蜂は殺虫剤に弱いので巣に向けて噴霧し、棒などで地面に叩き落せばスズメバチ駆除は完了です。駆除は女王蜂が巣に戻った夜間に行います。