ダニ退治して清潔な環境にしよう|健康被害にあう前に

簡単にできる防鳥法

鳩

ベランダがあるマンションでは鳩が飛んでくることがあります。鳩の糞は人体に悪影響を及ぼすウイルスが含まれており、また、糞がこびり付くことで不具合が生じます。鳩除け対策をしておくと次第にそこが危険地帯と考えて寄り付かなくなります。自身で対策を行えば費用の負担がないのでトライしてみましょう。

もっと見る

業者にお願いしよう

蜂

もし自宅の庭などにアシナガバチの巣が出来てしまったら、アシナガバチ駆除の専門業者に頼むべきです。特にスズメバチ科は毒をもっており、巣を攻撃すると一気に襲ってくることも考えられます。数が多くなる前に駆除をするべきです。

もっと見る

夏より前に手を打ちたい

ハチ

非常に攻撃性が高く、刺された際の毒性も高いため危険すぎる蜂として名高いスズメバチですが、春先に巣を見つけることができたら素人でもスズメバチ駆除が可能です。作業しにくい場所や大きく育った巣、夏、秋、初冬は非常に危険です。業者に依頼しましょう。

もっと見る

清潔な環境に

作業者

見えなくても用心を

喘息や鼻炎、皮膚炎などを引き起こすダニは、人間の目には見えないほど小さく、どこにいるのかを確認するのが難しい存在です。しかし、枕や布団、ソファやじゅうたんなどには必ずいるものです。ダニは、人の皮脂やふけ、ホコリなどをエサとしているため、人がいるところにはダニがいると認識することが身の為です。室内の温度が20℃から30℃、湿度が60%から80%の環境という、よくありがちな環境をダニは好みます。ダニによる被害を受けたことがない人でも、突然ダニによるアレルギー反応が起きる可能性はあります。ダニ自体やダニの死骸、フンを除去した環境を心掛けることで、被害を防ぐことができます。そのため、ダニ退治を日ごろから行うことが大切です。

簡単なお手入れ

ダニ退治をしっかり行えば、ダニによる健康被害を防ぐことができます。ひどくダニに悩まされている場合は、薬剤を使用したり、ダニ退治の専門業者に依頼したりする必要がありますが、そこまでひどくないのなら、自分でダニ退治ができます。まずは、ダニが生息しにくい環境を作るために、湿度を下げることです。除湿器や扇風機などを使い、室内の風通しをよくすることで、湿度を下げます。それから、ダニは60℃以上の熱を浴びると死滅するので、ダニがいそうな布団やソファにアイロンをかけることで、ダニ退治できます。しかし、素人では完全に駆除できない場合が多いので、深刻な被害に悩んでいるなら業者を利用した方が良いでしょう。業者であれば、良心的な価格でサービスを遂行してくれます。現在いるダニの駆除だけでなく、ダニの対策も行ってもらえます。